社団法人全日本かるた教会について

ご 挨 拶

会長写真

 一般社団法人全日本かるた協会は、『小倉百人一首』を活用して行う競技かるたの大会や、『小倉百人一首』に関する調査・研究、講演会・講習会等を通して、広く日本文化の振興・発展に努めております。
 『小倉百人一首』のように、約800年もの長きにわたり、広く庶民に親しまれてきた古典は他にありません。そのような『小倉百人一首』を用いての競技かるたは、名人・クイーン戦を頂点に、全国大会が各地で年間約60回行われ、学校の部活動等も含めると、かるた人口も約100万人となりました。また、タイ、中国、アメリカなど、海外からの参加者も年々増え、海外からも注目されるようになっています。
 こうした好機に、会員の皆様を始め、各会や支部を支える役員の方々、協会の役員が心と力を合わせ、組織力を高め、諸事に対応できる協会にしていきたいと思います。多くの方々のさらなるご理解とご賛同を賜りますようお願い申し上げます。

会長 松川 英夫

(一社)全日本かるた協会の行う事業

  1. 小倉百人一首かるた大会の開催および支援
  2. 小倉百人一首かるたの段位認定
  3. 小倉百人一首かるたに関する調査研究
  4. 小倉百人一首に関する講演会、講習会の開催
  5. その他目的を達成するために必要な事業

1.小倉百人一首かるた大会の開催および支援

 全日本かるた協会の最大の事業が、全国各地での競技かるた大会の開催です。
 大会には主催大会と後援大会があります。主催大会は実力によってクラス分けされた大会です。
(A級−四段以上、B級−二・三段、C級−初段、D級−無段、E級−初心者)
 現在、各地で年間約60回の全国大会が開催されております。 その他、学校の部活動や子供会活動まで含めると、競技かるたの人口は約100万人と言われています。
 なお、主な主催大会には、名人戦・クイン戦、全国選抜大会、全日本選手権大会、女流選手権大会等があります。

名人戦(右上),クイーン戦(左上),国民文化祭(左下),全国選抜大会(右下)
左上:名人戦/右上:クイーン戦
左下:国民文化祭/右下:全国選抜大会
◎名人戦・クイン戦(会場:大津市近江神宮)1月開催
競技かるたの最高峰を決定する大会で名人戦は昭和30年、 クイン戦は昭和32年から実施しています。 全国の四段以上の選手が、男女それぞれトーナメント戦を行い、 勝ち抜いた選手が1月に現役の名人、クインに挑戦するという型式で行っています。
◎全国選抜大会(会場:明治神宮)3月開催
四段以上の選手のなかでの成績優秀者を選抜して行う大会で昭和61年より実施しています。 実力上位者は完全にシードされ、 また、選手は全員和装で競技をすることが義務づけられています。
◎全日本選手権大会(会場:豊田市産業文化センター)
四段以上の選手なら誰でもが出場でき、男女混合オープン制のトーナメント方式で、 その年の実力日本一を決定する大会です。昭和37年より実施しています。
◎女流選手権大会(会場:各県持ち回り)11月開催
各級別(A・B・C・D等)に、女性日本一を決める華やかな大会で、昭和33年から実施しています。
◎国民文化祭(会場:各県持ち回り)10~11月開催
各都道府県対抗の団体戦、平成16年から実施しています。

2.小倉百人一首に関する調査・研究

 競技かるたに関する活動だけでなく、百人一首を日本の伝統文化として捉えた調査・研究活動や 文化講演会を行っています。 平成9年以降の主な文化講演会は次の通りです。

講演のテーマ 講師
「小倉百人一首」その魅力ある世界 神作光一氏(東洋大学教授)
「小倉百人一首」その成立の謎 織田正吉氏(作家)
「小倉百人一首」その選歌基準 有吉保氏(日本大学名誉教授)
「歌貝から歌かるたへ」 島津忠夫氏(大阪大学名誉教授)
「百人一首の山三題」 糸井通浩氏(龍谷大学教授)
「小倉百人一首の歌に見る女性の恋愛観」 神作光一氏(東洋大学教授)
「『百人一首』かるたの歴史」 吉海直人氏(同志社女子大学教授)
「海峡を渡った百人一首の歌人」 五所美子氏(作家)
「歌人 小野小町」 三好京三氏(作家)
「百人一首 歌の解釈をめぐって」 井上宗雄氏(立教大学名誉教授)
「冷泉家の和歌と日本人の心」 冷泉貴実子氏((財)冷泉家文庫事務局長)
「百人一首の時空を楽しむ」HOME 中西久幸氏(百人一首研究家)HOME
HOMEは外部サイトへのリンクです。

3.小倉百人一首の講習会

競技かるたを楽しみたい人たちのために各支部ごとに初心者教室等の講習会を行っています。 また、読手(どくしゅ)講習会を開催し、読手の育成に努めています。

競技かるたの歴史

 現在、行われている「競技かるた」が始まったのは、明治37年です。もちろん、それ以前にも「かるた競技」は楽しまれていましたが、ルールは場所によって様々でした。それを統一して、早く札を取るための方法を分析し、競技かるたを確立したのは、明治のジャーナリスト黒岩涙香でした。
 涙香は新聞「萬朝報」に「かるた早取り法」の特集記事を掲載して、第1回の全国競技会を、東京日本橋の常磐木倶楽部で開催したのです。
 その後、大正時代から昭和初期にかけてかるたは全国的に広がりました。 そして昭和23年、戦争のために中断していたかるた界を復興、統一して全日本かるた協会が設立され、 平成8年8月より社団法人として、平成26年4月より一般社団法人として活動しています。

(一社)全日本かるた協会組織図

協会組織図
◆会員制度
 (一社)全日本かるた協会の活動は、協会の事業に賛同していただいた会員の方々によって支えられています。 会員には正会員、賛助会員、法人賛助会員の3種類があり、全国大会でC級以上のクラスに出場する選手は、 すべて正会員であることになっています。全日本かるた協会の会員になるには、以下の2通りの方法があります。
1. 既存のかるた会に入会し、入会申請する。
2. 自分で新規にかるた会を設立し、加盟申請すると同時に入会申請する。

(1)正会員 (一社)全日本かるた協会の活動に賛同する個人 年会費 5,000円
(六段以上) 10,000円
(2)賛助会員 (一社)全日本かるた協会の活動を援助していただける個人 年会費 3,000円
(3)法人賛助会員 (一社)全日本かるた協会の活動を援助していただける法人 年会費 30,000円
一般社団法人全日本かるた協会 定款

一般社団法人全日本かるた協会 支部規定
一般社団法人全日本かるた協会 組織規定
一般社団法人全日本かるた協会 事務局規定
一般社団法人全日本かるた協会 会議規定
一般社団法人全日本かるた協会 総会運営規程
一般社団法人全日本かるた協会 専門委員会規定
一般社団法人全日本かるた協会 表彰規定
一般社団法人全日本かるた協会 登録会規定(PDF) (DOC)
一般社団法人全日本かるた協会 公印管理規定
一般社団法人全日本かるた協会 旅費規定
一般社団法人全日本かるた協会 パート事務員に関する規定
一般社団法人全日本かるた協会 会員規定 一般社団法人全日本かるた協会 役員報酬規定
平成17年度収支決算書
平成18年度収支決算書
平成19年度収支決算書
平成20年度収支決算書
平成21年度収支決算書
平成22年度収支決算書
平成23年度事業計画書
平成23年度収支予算書
平成23年度収支決算書
平成24年度事業計画書・収支予算書
平成26年度決算報告書
平成26年度事業報告書
平成27年度決算報告書
平成27年度事業報告書
平成28年度決算報告書
平成28年度事業報告書
全日本かるた協会 役員一覧

一般社団法人 全日本かるた協会 本部
〒112-0012 東京都文京区大塚 4-39-12 内藤ビル1階
TEL 03-3943-3100 FAX 03-3943-3101
お問い合わせフォーム

2017-09-02